和菓子司 かねきち とは、

和菓子司 かねきちは、江戸時代に上総一の宮で和菓子店を創業した現在唯一の和菓子老舗です。

和菓子司 かねきち 外観

江戸時代 弘化4年(西暦1847年) 第121代 孝明天皇(こうめいてんのう、1831年7月11日 - 1867年1月30日)、12代将軍 徳川家慶(とくがわ いえよし、1793年5月14日 - 1853年6月22日)の時代に、 菓子職として京都嵯峨御所御墨付をいただき、なお精進し、現在まで和菓子司として玉前神社参道に店舗を構えております。お墨付きを頂いてから、更に169年間、ご愛顧いただいております。

場所は、玉前神社参道<桜馬場>中程です。
でっかい紺の日除け暖簾が目印です。
かねきち専用駐車場はありません。
車でのお越しの際は、 店頭または商工会議所1階駐車場 などへお停め下さい。
なお、(日曜日を除く)午前8時半まで、お店の前の通りは
スクールゾーンの為、車での通行はできません。

  • はてなブックマークに追加

 

通常営業時間 午前8時半から午後5時半まで
定休日:月曜日(ただし、祝日などの場合、変更する事があります)


新着情報

平成29年1月17日 火曜日

 梅の花も咲き、これから桜の季節へと移っていきます。
 今年の玉前神社の桜も綺麗に咲くことでしょう。
 日本では、季節を感じる気持ちといつも一緒にあるのが和菓子です。
 かねきちのさくらもちは毎朝職人が手焼きをして皆様のご来店をお待ちしております。
 伝統的な薄皮焼きに小豆の漉し餡をあしらえたイッピンです。
 巻いている桜の葉は国産の香り高い、春の季節の贈り物です。
 姉妹品のいちごさくらもございます。
 お取り置きはお電話(0475-42-3233)でも受け付けております。
 また、Wi-Fiも無料でご利用いただけるサービスを引き続き提供しておりますので、
 ご来店の際には、Wi-FiパスワードとログインIDを、商品ご購入のうえ、店内にてご確認ください。

  ※過去の新着情報は、こちら

 

主な商品情報

一の宮散菓

一の宮散菓(進物)

一の宮銘菓 九十九里最中、天皇皇后両陛下献上菓子 上総の月、玉前さざれ石の詰め合わせ。
千葉県 一宮町のお土産、贈り物や進物としてもご利用いただけます。
ご希望によっては、他の組み合わせも可能な商品がございます。

 

 

 

 







一の宮元祖 いちご大福

一の宮元祖 いちご大福

季節限定(12月頃から4月頃まで)の商品です。

 

 

 

 

 

 

 


相互リンク:全国名菓探訪